北海道大学 大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

フィールドサイエンスの拠点

生物圏科学専攻の教育理念

生物圏の機能を支える生物多様性の発展と維持のメカニズムを、分子・細胞レベルから群集・バイオームレベルに至る階層構造の間の相互関係を通して解明し、陸域(森林・草原・耕作地)及び水圏(河川・湖沼・海洋)における生態系の、自然・人為環境変化に対する応答と、生態系間の相互作用を理解する教育を行う。特に、フィールドの実地検証を介して総合的に把握することに重点をおく。
生態系が物理化学環境に及ぼすフィードバックに関する視野を持ち、環境の重要課題に取り組む基盤を養う。

多様性生物学コース

陸域生態系の植物と昆虫を主な対象とし、野外調査、操作実験、サンプル分析、情報解析、理論モデル開発を通して、生物間相互作用、生物多様性維持機構、陸域生態系の環境応答や生態系機能の理解と解明を目指した研究と教育を行う。

生態遺伝学コース

哺乳類、昆虫、植物の環境変動下における個体群動態、種間相互作用、環境適応機構,発生・発育機構について、特に遺伝システム,遺伝的多様性に注目し、 研究・教育を行う。

分子生物学コース

基礎生産者の植物とそれらを食する動物、そして多様な代謝機能を有する微生物が営む生命の諸過程を明らかにすると共に、環境条件がそれらに与える影響、および環境変化に対する生物の適応機構を分子から群集構造レベルまで、広視野に理解することを目指した教育・研究を行う。

植物生態学コース

現在、自然生態系の機能は人間の土地利用や活動によって著しく損なわれており、大気の二酸化炭素濃度の上昇や気候温暖化は、陸域生態系に直接・間接的に重大な影響を及ぼしています。植物生態学コースでは植物生態・生理学(群集・個体群・個体・個葉レベル・器官レベル)、数理生態学、進化生態学、並びに生態系保全に関する研究と教育を行います。野外における調査研究、圃場、バイオトロンや実験室での実験、得られた情報の解析、理論モデルの構築・解析などを通して、様々な角度から生態系機能の解明を探っています。担当スタッフは、低温科学研究所グループ(主担当)と地球環境科学研究院グループ(副担当)に所属しており、大学院生には、基礎生態学の講義、野外実習、実験、各種セミナーを通じて、体系的な学習ができるようにカリキュラムが組まれています。

動物生態学コース

動物の行動生態・個体群変動機構・生物間相互作用・群集構造決定要因・環境と生物の相互作用など動物生態学の基本を学ぶとともに、陸域および水域における野生生物の保全手法や生態系の管理手法への応用について教育・研究を行う。

海洋生物生産学コース

海洋における生物生産過程の特徴と、さまざまな環境インパクトに対する生物群集の応答と適応などについて理解する。具体的には、船舶を用いたフィールド調査や実験室内での模擬実験、および生態系モデルの構築等を通して、生物生産過程と密接に関連している物理環境と化学環境の変化が,海洋生態系に及ぼす影響を解明する方法を学ぶ。さらに、これら環境因子と生物生産過程の相互作用を理解することに関する教育・研究を行う。

水圏生物学コース

淡水生態系(河川・湖沼・湿原)と海洋生態系(沿岸・外洋)における水圏環境に対する水圏生物の遺伝子・細胞レベルから個体・群集レベルまでの環境応答や適応機能、および生物生産について教育・研究を行う。

森林圏フィールド科学コース

変動環境下での森林生態系の持続的利用に関する保全生物学的教育を行う。本コースは森林動態、生態系機能、野生生物の保全、地域資源管理の4つの大きな研究内容を含む。広大で多様なフィールドと充実した技術スタッフによる研究支援体制のもとに、長期モニタリングや大規模野外操作実験などを通して森林生態系の維持機構を解明し、環境修復、環境保全、生物多様性保全に関わる実践目標とともに、研究林の森林生態系と地域社会を合わせて持続的に管理していく理論についても教育・研究を行う。

耕地圏科学コース

農耕地においては効率的な食料生産と将来の持続的生産を保証する管理技術が求められる。本コースは北大の生物生産研究農場や研究牧場を研究フィールドとし、農耕地の特徴とそこでの生物生産体系と環境との関係、さらに持続的農業生産のための有用資源の開発・利用に関して教育・研究を行う。

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院

生物圏専攻メニュー