環境において重要な
植物と菌類の関わりを研究する

森林生態系の中で炭素獲得をめぐる攻防が植物と微生物の間で行われています。なかでも菌類(きのこ・腐朽菌)は樹木の頑強な細胞壁構造を分解するように進化してきました。研究室では、生物進化によって菌類が獲得してきた多様な植物分解の分子メカニズムを明らかにします。このような基礎研究から得られた情報をもとに、分解酵素利用や樹木の微生物防除などへの応用も目指しています。

お知らせ