11月15日 講座ゼミ

発表者: 三木田

タイトル: A multi-species comparison of selective placement patterns of ramets in invasive alien and native clonal plants to light, soil nutrient and water heterogeneity.
著者: Chen, Duo; Ali, Ashfaq; Yong, Xiao-Hui; et al.
雑誌: SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT Volume: 657 Pages: 1568-1577 Published: MAR 20 2019
要旨: 侵略的外来植物で、影響力の大きいものの多くは、クローン能力を持ちます。 クローナル植物は、ラメットを選択的に配置すること(採餌行動)により、より好条件の微生育地に多くのラメットを置くことができます。これにより、不均一な環境下で、資源を最大限に活用し、リスクを分散することができます。しかし、侵略的外来クローナル植物と在来クローナル植物で、ラメットの選択的配置パターンに違いがあるのか否かについては、まだほとんど知られていません。そこでこの研究では、中国で自然に共存する、侵略的外来クローナル植物と在来クローナル植物の5つの同属ペアを使用し、上述の問いに答えようとしています。

発表者: 成瀬

タイトル: Geographic hot spots of dingo genetic ancestry in southeastern Australia despite hybridisation with domestic dogs.
著者: Cairns, Kylie M.; Nesbitt, Bradley J.; Laffan, Shawn W.; et al.
雑誌: Conservation Genetics
DOI: https://link.springer.com/article/10.1007/s10592-019-01230-z
要旨: オーストラリアにはディンゴというイヌ科で古くに分岐した種が生息しています。近年はイヌとの交雑が進んだことによるディンゴへの遺伝子浸透が報告されており、保護をより徹底すべきという声も多数上がっています。しかし法律により純血のディンゴしか保全されないため、より正確な遺伝子情報を解明することが急務となっています。本論文は、オーストラリア南東部New South Walesにおけるディンゴへの遺伝子浸透の程度の解明と、ディンゴの遺伝子割合の多い地域を特定することを目的として研究・考察を行っています。