2019/10/11のセミナーのお知らせ(早川研)

2019/10/11(金)16:00~17:00に京都大の林美紗さんをお招きしてセミナーを行います。ご参加歓迎ですので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。(https://noah.ees.hokudai.ac.jp/hayakawa/index.html)

【話題提供】
林美紗(京都大・霊長類研究所D2)

【タイトル】
霊長類の消化管における味覚関連分子の発現について

【要旨】
味覚受容体を含む味覚関連分子は消化管にも発現している。消化管の味覚関連分子は腸管上皮細胞に発現し、ホルモン分泌や免疫応答に働く。我々は以前、小型霊長類コモンマーモセットの下部消化管で味覚関連分子のGustducinが多いことを報告した。下部消化管のGustducinはどのような働きを持つのか明らかにするために、Gustducinといくつかの腸管上皮細胞マーカーを用いて、免疫組織化学染色を行い、マーモセットの下部消化管におけるGustducinの発現パターンをマカク類と比較した。これらの結果から見えてきた霊長類の下部消化管におけるGustducinの働きや特徴について紹介する。