本文へジャンプ
イメージ
イメージ
私の名前はトゲネズミです。 染色体数が奇数の不思議なネズミです。 琉球列島の沖縄島、徳之島、奄美大島にのみ生息しています。 染色体数はそれぞれ44本、45本、25本です。 徳之島と奄美大島では、Y染色体を持ちません。 しかし、しっかりと雌雄の決定がなされています。
―鈴木仁 研究室―
日本の哺乳類の不思議を求めて、日本中で右往左往しています


所 在 地
〒060-0810 札幌市北区北10条西5丁目
北海道大学大学院地球環境科学研究科

連 絡 先
教授室(B棟804号室)
TEL, FAX: 011-706-2279
院生室(C棟808号室)
TEL: 011-706-2225
北海道は函館産のハツカネズミです。 私の遺伝子は少々変わった構成でできています。北海道・東北に住む仲間のミトコンドリアDNAのタイプは、 東南アジアのものと近いことが知られており、ヒトの歴史とも関連しているので人間は興味津々のようです。 しかし、同じ北海道でも南北でタイプが異なり、北は東南アジアタイプで南は来たアジアタイプです。 これは何を意味するのでしょうか?? 日本に生息するハツカネズミの遺伝子の組成はなかなか複雑で、そのパズルを解くことは大変興味深いもの があります。 (参考: Mie Terashima 2002, 修士論文)
鈴木仁研究室