北海道大学 大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

フィールドサイエンスの拠点


教員情報

氏名:
山口良文 (Yamaguchi Yoshifumi)
所属:
低温科学研究所
担当コース:
分子生物学
職名:
教授
個人ページ:
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/hibernation/
研究概要:
哺乳類の冬眠は、体温維持に必要な熱産生を抑制し基礎代謝を低下させ、消費エネルギーを節約することで、餌の枯渇に見舞われる厳しい季節を低体温で乗り切る現象である。ヒトを含む多くの哺乳類は長期間の低体温に耐えることはできず冬眠出来ないのに対し、一部の哺乳類は冬眠することができる。しかし、どうしてそうした違いが生じるのか、そもそも冬眠実行のメカニズムは何なのか、未だ多くの点が不明である。本研究室では、冬眠に適した冬の体と不適な夏の体との違い、低体温への耐性機構、冬眠実行の制御機構、などに関して、遺伝子レベルでの解析を行なっている。
キーワード:
分子生物学, 発生生物学, 遺伝学, バイオテクノロジー, 哺乳類, 脊椎動物, ラボワーク, データサイエンス, (亜)寒帯, 冬眠, 生理学

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院

生物圏専攻メニュー