北海道大学 大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

フィールドサイエンスの拠点

セミナー・講演会

EESセミナー開催のお知らせ(9月14日)

日時:9月14日(金)16:00-17:30
場所:北海道大学環境科学院 D102教室
講演者:近藤倫夫(東北大学生命科学研究科)
タイトル:生物群集の構造と動態をどう理解するか

要旨:生物群集は多種間の相互作用によって駆動される複雑なシステムである。生物群集を種間相互作用ネットワークとして捉えることで、その構造と動態を理解しようとするアプローチが取られてきた。しかし、種間相互作用はスケール依存性と時空間的な変動性を合わせ持つため、その評価は容易ではないし、群集動態と結びつけることはさらに困難を極める。本講演では、個体群動態の時系列データから出発して種間相互作用や群集動態、それらの間の関係を評価するアプローチを紹介する。さらに、このアプローチがもたらす新しい応用生態学の可能性について議論したい。

講演者の近藤倫夫先生(東北大学)は理論生態学の第一人者でScience, PNASなど多数の一流誌に成果を発表しています。
https://www.lifesci.tohoku.ac.jp/research/teacher/detail.html?id=45517

最近は理論の実証にも精力的に取り組んでおり、海の魚類群集の安定性に関する研究が今年のNatureにも掲載されています。
http://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-1475.html

本講演ではこの論文の根幹となる群集動態を理解する新しいアプローチについてお話して頂けます。

今回は震災の影響が残る中、北海道までお越し頂きました。
皆さまも復旧などいろいろと大変かと思いますが、しばし震災のことを忘れてサイエンスについて熱く議論できればと思います。

なお、セミナー後には懇親会を予定しています。
お店の予約が難しい状況となっていますので、参加希望の方は【9月13日(木)夕方5時までに】小泉までご連絡下さい。
itsuro@ees.hokudai.ac.jp

皆様のご参加をお待ちしております。

小泉逸郎

EESセミナー開催について(9月12日)

環境分子生物学セミナー(第21回)/ EESセミナー

講演題目:冬眠を可能とする長期寒冷下での全身可逆的リモデリング

講演者:山口良文 教授(北海道大学 低温科学研究所 冬眠代謝生理発達)

日時:平成30年9月12日(水)15時00分〜16時00分

場所:北海道大学理学部5号館8階813号室

要旨:
冬眠は、長期にわたる寒冷・飢餓などの過酷な環境を、代謝を極限まで抑制し、蓄積した体脂肪を主な燃料としながら低体温状態で乗り切る生命現象である。 ヒトをはじめとする多くの哺乳類は冬眠できないが、クマやリス、ハムスターなどの一部の哺乳類は低体温状態で生存できる「冬眠動物」である。 しかし、冬眠制御機構は未だ殆ど不明である。その解明は、知的好奇心を満たす基礎生物学的意義を有するのみならず、生活習慣病や臓器保存への応用、人工冬眠法の開発など、医学展開も期待される、21世紀の生物学に残されたフロンティアといえる。 私たちは、冬眠する哺乳類であり実験的操作が比較的容易なシリアンハムスターを用いて研究を行なっている。本講演では、冬眠の基礎知識から、シリアンハムスターが長期寒冷刺激に反応して行う、白色脂肪と骨格筋の可逆的リモデリングについて紹介する。

主催:大学院地球環境科学研究院 環境生物科学部門 環境分子生物学分野

共催:日本生化学会・北海道支部

連絡先:大学院地球環境科学研究院 環境生物科学部門 環境分子生物学分野
森川正章(電話:011-706-2253, morikawa@ees.hokudai.ac.jp

シンポジウム開催のお知らせ

シンポジウム「生物多様性:メカニズムとその影響」
日時:10月27日(金)
会場:北海道大学地球環境科学研究院
みなさんのお越しをお待ちしております。

Symposium:
Biodiversity: mechanisms and consequences

11:30-17:30 Friday, 27 October 2017
Room A809 Faculty of Environmental Earth Science (EES),
Hokkaido University, Sapporo.

Organizer: Takashi Kohyama & Takenori Takada (EES)

Organized taking the opportunity that Claire de Mazancourt, I Fang Sun and Michel Loreau are in Sapporo. Everyone welcome!

11:30-12:00

Claire de Mazancourt
(French National Centre for Scientific Research, Paris)
“Invariability: measuring and understanding the effect of biodiversity on ecosystem stability”

12:00-13:00
Lunch break @Room A807

13:00-13:40

I Fang Sun
(National Dong Hwa University, Hualien; EES Hokkaido University)
“Plant reproductive decision-making and its consequence in a changing world: insights from a subtropical rain forest”

13:40-14:00
Osamu Kishida (FSC Hokkaido University)
“Growth of larval salamanders determines trophic interactions in a pond community”

14:00-14:20
Yoshio Masuda (EES Hokkaido University)
“A solution for Hutchinson’s paradox in simulated 3D oceanic
environments: coexistence of several dozens of similar phytoplankton
species at a point”

14:20-14:40
Shigeo Yachi (CER Kyoto University)
“How community-based ecosystem restoration can guarantee watershed-scale sustainability: origins and overcoming of scale mismatches in social-ecological dynamics”

14:40-15:20
Tea break @A807

15:20-15:40
Makoto Kobayashi (FSC Hokkaido University)
“Feeding behavior of detritivore determines the plant and soil response to climate warming”

15:40-16:00
Masahiro Nakamura (FSC Hokkaido University)
“Global warming effects on insect-plant interactions in tall trees of
northern forest”

16:00-16:20
Gaku Kudo (EES Hokkaido University)
“Expansion of dwarf bamboo in Japanese alpine ecosystems and its impact on biodiversity”

16:20 -17:00

Michel Loreau
(Theoretical and Experimental Ecology Station CNRS, Moulis)
“Linking biodiversity, ecosystems, and people across scales: challenges for ecology and sustainability”

17:00-17:30
Closing discussion

No registration required. We would appreciate your (while not students.) small donation for lunch and tea.

Contact: kohyama@ees.hokudai.ac.jp

研究院アワーのお知らせ (EES seminar)

9月5日(火) 14:00 – 14:40 環境科学院D101にてEESセミナーを行います。
奮ってご参加ください。

[演題] 見えないものを「みる」!質量顕微鏡の開発と応用例

[講師] 新間秀一先生(大阪大学工学研究科生命先端工学専攻)

[日時] 2017年9月5日(火)14:00-14:40

[場所] 北海道大学大学院地球環境科学研究院D-101室
     (札幌市北区北10条西5丁目)

[共催] 日本生化学会・北海道支部

[講演要旨]
 イメージング質量分析(IMS: imaging mass spectrometry)は二次イオン質量分析法を用いた、材料を対象とする表面分析法を基にしており、1990年代半ばにLAMMA(laser microprobe mass analyzer)のコンセプトをマトリックス支援レーザー脱離イオン化法(MALDI:matrix-assisted laser desorption ionization)に適用しR.M. CaprioliやB. Spenglerらにより生体分子の可視化が初めて行われた[1, 2]。
 発表当初、質量分析法におけるタンパク質のイオン化でノーベル化学賞が受賞されたことから、多くの研究者がタンパク質のイメージングを目指したが、現在では生体内小分子(代謝物や脂質)ならびに薬物などのイメージングが主流となっている。
 本講演では、まずIMSの方法について概説し、日本におけるIMS研究の先駆けとなる質量顕微鏡の開発コンセプト(図1)や開発エピソードについて取り上げ、質量顕微鏡の治験への導入例を紹介する。また、演者のグループで最近取り組んでいる生薬やバイオフィルムに対するIMSの測定例についても簡単に紹介したい。

[参考文献]
1. Caprioli R.M. et al., Anal. Chem., 69, 4751 (1997).
2. Spengler B. et al., J. Am. Soc. Mass Spectrom., 13, 735 (2002).

[連絡先] 森川 正章
北海道大学大学院地球環境科学研究院
TEL: 011-706-2253, FAX:011-706-2253
e-mail: morikawa@ees.hokudai.ac.jp

Fritz Schweingruber博士セミナー開催について

下記の通りセミナーを開催しますので是非ご参加下さい。

演者のFritz Schweingruber博士は、Swiss Federal Research Instituteの名誉教授で年輪年代学と植物解剖学の大家です。”Tree Rings – Basics and Applications of Dendrochronology”など多くの著書を出版しています。今回は北海道での調査のため来日されます。
Jiri Dolezal博士は、チェコ科学アカデミー植物学研究所・研究員兼南ボヘミア大学准教授で専門は植物生態学です。現在、客員准教授として低温科学研究所に滞在しています。2003年に北海道大学大学院・地球環境科学研究科で博士の学位を取得しています。

日時: 5月30日(火) 15:30~17:00
場所: 地球環境科学研究院 A棟8階 A809室
講演タイトル: How old are herbaceous plants and how fast they grow? Introduction to ecological plant anatomy
演者: Fritz Schweingruber(1) and Jiri Dolezal(2)

(1) Swiss Federal Research Institute WSL, Birmensdorf, Switzerland
(2) Institute of Botany, Academy of Sciences of the Czech Republic, and Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University, Japan

講演要旨
Age structure, maximal longevity and growth rates are key attributes which scientists wish to know in most living organisms in order to understand their demography, ecological adaptations and responses to ongoing environmental changes. In the Plant Kingdom, surprisingly, these parameters are missing for most taxa. Most studies have focused on temperate woody plants while comprehensive data on extra-temperate species from e.g. cold alpine or warm tropical areas are rare. There is therefore an urgent need for a global-scale assessment of plant age and growth dynamics across ecosystems and evolutionary linkages. Recent advances in the anatomical assessment of distinct annual rings enables growth histories and age information to be precisely determined in the majority of dicot species, even in plants with a root collar thinner than 1 mm. The lecture will introduce “state of the art” in anatomical and age research in herbaceous plants, similarities with classical tree dendro-ecology and dendro-climatology, with examples from the High Arctic, Himalayas and Tropical Africa.

略歴
Fritz Schweingruber is a Professor Emeritus at the Swiss Federal Research Institute WSL, Birmensdorf in Switzerland. Published more than 160 scientific papers and 13 books on dendrochronology and anatomy of plants, currently working on monocots, alpine and aquatic plants.

Jiri Dolezal works at the Institute of Botany, Czech Academy of Sciences. Published more than 100 scientific papers on plant responses to climate and land-use changes. Graduated from Hokkaido University (supervised by Prof. Toshihiko Hara) where he is currently a visiting Associate Professor at the Institute of Low Temperature Science.

問い合わせ先
原 登志彦
〒060-0819札幌市北区北19条西8丁目
北海道大学 低温科学研究所 生物環境部門
TEL&FAX: 011-706-5455
EMAIL: t-hara@pop.lowtem.hokudai.ac.jp
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/plantecol/

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院

生物圏専攻メニュー