北海道大学 大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

フィールドサイエンスの拠点

専攻Web掲示板

カテゴリ

【生物圏科学専攻】学位論文審査会のご案内 Ph.D. defense in the division of Biosphere Science

3月修了予定者の学位論文審査会を下記のとおり行いますので、ご参集の程よろしくお願いいたします。(オンライン配信のZoom接続先はメールにてお知らせいたします。)

※環境科学院所属以外の方が視聴ご希望の場合は専攻事務へお申し出願います

bio-senko[at]ees.hokudai.ac.jp ([at]を@に変更)

【生物圏科学専攻・学位論文審査会】——————————————————–

■日時:1/22(金)13:00~ 

  会場:環境科学院D201(Zoomオンライン配信あり)

  発表者:福冨 雄一

  論文題目:Analysis of gene network for color pattern formation and the mechanism of the prepattern determination in Drosophila guttifera

  (ミズタマショウジョウバエを用いた模様形成遺伝子ネットワークとプレパターン決定機構の解析)

  主査:准教授 越川 滋行

  副査:教授 大原 雅、教授 鈴木 仁、准教授 加藤 徹(大学院理学研究院)

———————————————————————————————————–

■日時:1/22(金)15:00~ 

  会場:Zoomオンライン発表

  発表者:申 元

  論文題目:Morphological dynamics and behavior of mitochondria through the life cycle of the brown alga, Mutimo cylindricus

  (褐藻ムチモにおける生活環を通したミトコンドリアの形態と挙動に関する研究)

  主査:教授 長里 千香子

  副査:教授 山羽 悦郎、教授 星野 洋一郎、教授 小亀 一弘(大学院理学研究院)

———————————————————————————————————–

■日時:1/25(月)10:00~ 

  会場:環境科学院D101(Zoomオンライン配信あり)

  発表者:内田 葉子

  論文題目:Studies on reproductive compensations of host plant against floral herbivore -Interspecific relationship between Phengaris teleius and Sanguisorba tennuifolia var. alba-

  (花食者に対する宿主植物の繁殖補償に関する研究 ーゴマシジミとナガボノシロワレモコウの種間関係ー)

  主査:教授 大原 雅

  副査:教授 露崎 史朗、准教授 越川 滋行

———————————————————————————————————–

■日時:1/26(火)10:00~ 

  会場:環境科学院D201(Zoomオンライン配信あり)

  発表者:和久井 彬実

  論文題目:Ecotypic differentiation of northern plant species in mid-latitudes: the mechanisms of population maintenance in two ericaceous alpine species in northern Japan

  (中緯度地域における北方植物の生態型変異:ツツジ科高山植物2種の北日本における個体群維持機構)

  主査:准教授 工藤 岳

  副査:教授 相場 慎一郎、教授 露崎 史朗、教授 星野 洋一郎

———————————————————————————————————–

■日時:1/27(水)10:00~ 

  会場:環境科学院D201(Zoomオンライン配信あり)

  発表者:Khairina, Yeni

  論文題目:Trials to enhance the production yield of a duckweed, Lemna gibba, in food factory wastewater utilizing indigenous bacteria

  (食品工場排水における土着細菌を活用した ウキクサ植物Lemna gibbaの生産収率向上の試み)

  主査:教授 森川 正章

  副査:教授 福井 学、教授 山口 良文、准教授 三輪 京子

———————————————————————————————————–

■日時:1/27(水)13:00~ 

  会場:環境科学院D201(Zoomオンライン配信あり)

  発表者:Yufita Dwi Chinta

  論文題目:Studies on properties of microorganisms in bulk and rhizosphere soils following the application of cover crops

  (緑肥施用土壌の根域および根圏における微生物特性に関する研究)

  主査:教授 星野 洋一郎

  副査:教授 森川 正章、教授 山田 敏彦(北方生物圏フィールド科学センター)、教授 荒木 肇(新潟食料農業大学)、准教授 内田 義崇(農学研究院)、助教 平田 聡之

———————————————————————————————————–

■日時:1/27(水)16:00~ 

  会場:環境科学院D201(Zoomオンライン配信あり)

  発表者:田中 静幸

  論文題目:Studies on the onion cropping type for realizing the early shipment in northeastern Hokkaido

  (北海道北東部におけるタマネギの早期出荷作型の確立に関する研究)

  主査:教授 星野 洋一郎

  副査:教授 大原 雅、教授 山田 敏彦(北方生物圏フィールド科学センター)、教授 荒木 肇(新潟食料農業大学)、領域長 杉山 慶太(農研機構・北海道農業研究センター)

———————————————————————————————————–

■日時:1/29(金)10:00~ 

  会場:Zoomオンライン発表

  発表者:難波 瑞穂

  論文題目:The effect of salinity gradient on ecosystem functions and biodiversity of eelgrass (Zostera marina) bed communities

  (アマモ場生物群集の生態系機能と生物多様性に対する塩分勾配の効果)

  主査:教授 仲岡 雅裕

  副査:教授 宮下 和士、教授 野田 隆史、准教授 伊佐田 智規、グループ長 堀 正和(国立研究開発法人水産研究・教育機構)

———————————————————————————————————–

■日時:2/1(月)14:00~ 

  会場:環境科学院D101(Zoomオンライン配信あり)

  発表者:Jason Lee Anders

  論文題目:Effects of dietary shift and altered helminth infection on the gut microbiota of two sympatric rodents in urban environments

  (都市化にともなう食性と寄生虫相の改変が同所的に生息する齧歯類の腸内細菌叢に及ぼす影響)

  主査:准教授 小泉 逸郎

  副査:教授 野田 隆史、教授 鈴木 仁、准教授 中尾 亮(大学院獣医学研究院)

———————————————————————————————————–

以上

公開セミナーのお知らせ

12月8日(火)15時より 地球環境科学研究院 D201 講堂にて、石井 博 氏(富山大学理工学研究部 教授)に以下の講演をして頂きます。
石井さんは送粉生態学の第一人者で、今年「花と昆虫のしたたかで素敵な関係(ベレ出版)」を出版されました。
生物圏科学特別講義 I の一環として講演して頂くものですが、どなたでも当日参加できます。マスク着用の上、是非ご参加下さい。

「マルハナバチタマセンチュウによるマルハナバチ女王の移動分散抑制と、送粉相互作用への影響」
要旨:
マルハナバチタマセンチュウはマルハナバチ女王に感染し、これを不妊化する寄生虫である。本発表では、集団遺伝学的な解析と感染女王の標識再捕獲調査をもとに、マルハナバチタマセンチュウが、宿主であるマルハナバチ女王の移動分散を強力に抑制していることを示したい。さらに、マルハナバチタマセンチュウによる宿主の移動分散抑制が、間接効果を通じて、地域の送粉相互作用にどのような影響をもたらしうるのかを調べた結果も紹介する予定である。

問い合わせ先:工藤 岳 gaku[at]ees.hokudai.ac.jp (※[at]を@に置き換え)

生物圏科学特別講義I(送粉生態学概説)集中講義開講のお知らせ

生物圏科学特別講義I(送粉生態学概説)は、以下の時間帯に環境科学院D201教室で行います。
講師は、石井博 富山大学教授 です。
12月7日(月)2〜5限、
8日(火)1〜5限、
9日(水、午前)1〜2限

本講義は対面式の講義を基本としますが、札幌での講義に参加できない場合はzoomでの配信も同時に行います。
zoomでの参加希望者は、工藤岳 (gaku[at]ees.hokudai.ac.jp) へご一報下さい。(※[at]を@に置き換え)

水圏科学特論Ⅰについて

水圏科学特論Ⅰ(オンラインもしくはオンデマンド)

日時 担当教員
12月21日(月)13:00~ 仲岡
12月22日(火)13:00~ 伊佐田
1月13日(水)13:00~ 四ツ倉
1月14日(木)13:00~ 長里
1月15日(金)13:00~ 傳法

履修登録者にはすでに個別にメールで連絡していますが、
追加履修登録希望者があったら受け付けます。

仲岡 nakaoka[at]fsc.hokudai.ac.jp

※[at]は@に変換

【後期後半】生態遺伝学特論Ⅱ開講のお知らせ

生態遺伝学特論Ⅱ(担当教員:鈴木他)火・木 5講目ですが、

12月3日(木曜日)より開始いたします。

全てオンラインによる授業となります。

ELMS[講義名グループ] にて各講義前に接続先を掲示します。
(ELMSから接続先を閲覧できなかった場合には、鈴木 htsuzuki[at]ees.hokudai.ac.jp へ連絡)

【後期後半】生態学基礎論(多様性生物学概論)開講のお知らせ

■11月30日(月)生態学基礎論(担当教員:越川他)

※多様性生物学概論は12/2(水)~

月・水曜5講目(オンライン・リアルタイム又はオンデマンド)

ELMS[講義名グループ]にて各講義前に接続先を掲示

(ELMSから接続先を閲覧できなかった場合には、越川滋行 koshi[at]ees.hokudai.ac.jp へ連絡)

※この講義は理学院の「多様性生物学概論」を兼ねており、それぞれの学年歴に合わせた結果、初回は生態学基礎論が11/30、多様性生物学概論が12/2で、2回目以降が共通の日程になります。

博士論文審査会のお知らせ

下記の要領で博士論文審査会を行いますので、ご参集下さいますようお願い致します。

    The Ph.D. defense of Division of Biosphere Science will be held as follows.

    Everyone is welcome to attend although the presentation is in Japanese.

    日時:2020年10月27日(火)16:00ー17:00

    Date: Oct 27(Tue), 2020  16:00ー17:00

    会場:地球環境科学研究院C204-2講義室

    (発表30分 質疑20分程度)

    Venue: C204-2 at Graduate School of Environmental Science building

    発表者 Presenter:大木 海平 Kaihei Oki(H20年度 環境科学院修士卒)

    論文題目 Thesis title:

    Microbial ecology of human gut bifidobacteria and lactobacilli: their taxonomy and behavior

    (ヒト腸内Bifidobacterium属およびLactobacillus属細菌の微生物生態学:その分類と挙動)

    主査:森川 正章 Prof. Masaaki Morikawa

    副査:福井 学 Prof. Manabu Fukui、鷲尾 健司 Assist. Prof. Kenji Washio、小島 久弥 Assist. Prof. Hisaya Kojima

    補足、子供の腸内ビフィズス菌はお母さんから受け継がれるのか?どれくらい定着しうるのか? 

    などについても報告されます。

    Is the child’s gut flora bifidobacteria inherited from the mother? How long will they stay in the gut? etc.

    will also be reported.

開講通知:「生物圏科学特別講義I(送粉生態学概説)」

本特別講義は、富山大学教授 石井博先生が講師として、集中講義形式で行います。

講義は12月7日(月)、8日(火)、9日(水、午前中)の3日間で行われます。

受講希望者は、10月14日までにWEBでの受講登録をして下さい。

現在のところ、本講義は対面式のみでの授業として予定していますが、状況によってはオンラインへの変更の可能性もあります。最終的な授業形態、ならびに教室は、受講登録者に追って通知します。

参考文献「花と昆虫のしたたかで素敵な関係(石井博著、ベレ出版 2020)」

本講義に関する質問は、工藤岳までお願いします。

E-mail: gaku[at]ees.hokudai.ac.jp ※[at]を@に変換

森林圏科学特論Ⅰについて

森林圏科学特論Ⅰを以下の要領で開講します。

科目名:森林圏科学特論Ⅰ

日時:2020年10月21日(水)〜10月23日(金)
※今後の新型コロナウィルスの感染状況によっては中止となる可能性がある。

場所:北方生物圏フィールド科学センター中川研究林/天塩研究林
集合(10/21 13時)・解散(10/23 14時)および宿泊は中川研究林学生宿舎(中川郡中川町)
※天塩研究林宿舎(天塩郡幌延町)、中川研究林庁舎(中川郡音威子府村)に分散宿泊する可能性あり
(詳しくはこちらからhttps://www.hokudaiforest.jp/

担当教員:佐藤冬樹、柴田英昭、野村睦、高木健太郎、福澤加里部

講義内容(予定):北方林の土壌の生成プロセス、森林土壌の採取法、森林の炭素収支、森林の水質形成、森林河川における流量観測

経費:¥5,000円程度(滞在中の宿泊費・食費含む。暫定額であり、多少変動の可能性あり。また分散宿泊の場合、宿泊施設により若干の変動あり。)現地までの交通費は自己負担(公共交通機関使用のこと)。 申込は、10月1日(木)までに、氏名(ふりがな)、性別、所属専攻とコース、学年、学生番号、メールアドレス、電話番号を下記まで連絡してください。新型コロナ対策として人数を制限して実施する可能性があります。

その他
・移動・滞在中はマスクの着用等新型コロナウィルス感染拡大防止に努めること。また、滞在中は施設の使用ルールおよび教員の指示に従うこと。
・ 実習前には感染リスクが高い場所へ行くことを避け、体調管理に十分気を配ること。また、体調がすぐれない場合は参加を見合わせること。
・オンライン教材を用いた予習・復習を行う。
・ 学生教育研究災害傷害保険には必ず加入しておくこと。https://www.hokudai.ac.jp/gakusei/campus-life/certificates/insurance.html
・本講義受講のために他の授業を欠席する場合は、事前に担当教員の了解を得ておくこと。

申込・問い合わせ先:中川研究林 福澤加里部(電話:01656-5-3216、メールアドレス:caribu[at]fsc.hokudai.ac.jp)※[at]を@に変更

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院