北海道大学 大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

フィールドサイエンスの拠点

専攻Web掲示板

カテゴリ

修士論文の提出について

修士論文の簡易製本1部は、環境科学院B805室へ持参もしくは郵送してください。

学内便で送る際は、27環境科学院・生物圏専攻事務小倉宛に送付してください。

教務担当ではありませんので、ご注意ください。

バインダー等で綴ったものは、受け付けません。

論文データはPDFファイルにして、bio-senko@ees.hokudai.ac.jpへメール添付で送信してください。

どちらも、/13(水)専攻事務締切とさせていただきます。

学位論文審査会のお知らせ

3月修了予定者の学位論文審査会を下記のとおり行いますので、ご参集の程よろしくお願いいたします。

 

【生物圏科学専攻・学位論文審査会】会場は環境科学院D101教室です。

日時:1/29(火)10:00~

発表者:水永 優紀 (論文博士)

論文題目:冷温帯生態系の森林帯-高山帯エコトーンにおける訪花性昆虫群集組成と開花構造との関連性

(Relationship between community structure of flower visiting insects and flowering structure of plant communities along the forest-alpine ecotone in a cool-temperate ecosystem)

主査:工藤 岳

副査:甲山 隆司、露崎 史朗、高田 壮則

 

日時:2/1(金) 14:45~

発表者:福井 翔

論文題目:Mechanisms of sustainable introgressive hybridization between native white-spotted charr (Salvelinus leucomaenis) and non-native brook trout (S. fontinalis)

(外来カワマスと在来アメマスにおける浸透交雑の存続機構)

主査:小泉 逸郎

副査:高田 壮則、野田 隆史、森田 健太郎(北海道区水産研究所)

 

日時:2/1(金) 16:30~

発表者:内田 健太

論文題目:The town squirrel and the country squirrel : multiple behavioral comparisons in Eurasian red squirrel between two environments

(都市化がもたらすエゾリスの行動変化:複数の行動に着目した比較)

主査:小泉 逸郎

副査:高田 壮則、、野田 隆史、大舘 智志、柳川 久(帯広畜産大学)

 

以上

後期(後半)開講日について

海洋生物圏環境科学特論Ⅱ 清水・宮下 12/3(月)2講目 函館キャンパス管理研究棟6階大会議室

生態学基礎論 大原他 12/3(月)休講 12/5(水)5講目 D102

生態遺伝学特論Ⅱ 鈴木他 12/4(火)5講目 C202

学位論文審査会のお知らせ(12月修了)

12月修了予定者の学位論文審査会を下記のとおり行いますので、ご参集の程よろしくお願いいたします。

【生物圏科学専攻・学位論文審査会】

日時:11/2(金)13:30~

場所:環境科学院 D103教室

発表者:佐藤 広子(論文博士)

論文題目:Evaluation of transgenic tall fescue (Festuca arundicacea Shreb.) improved for important forage and turf traits

(牧草および芝草の重要形質を改良したトールフェスク形質転換体の評価)

審査委員:

主 査:山田 敏彦

副 査:荒木 肇、星野 洋一郎、三輪 京子、貴島 祐治(大学院農学研究院)

山田 哲也(大学院農学研究院)

環境分子生物学特論 II 開講のお知らせ

————————–

環境分子生物学特論II (後期前半)開講のお知らせ

Advanced Course in Environmental Molecular Biology Ⅱ (bilingual class)

————————-

講義名:環境分子生物学特論II (2単位)(後期前半)

Advanced Course in Environmental Molecular Biology Ⅱ

 

【日時】:2018年10月3日(水)から  From October 3th

毎週、水曜日(Wed)と金曜日(Fri)の3時限 (13:00-14:30)

【場所】:環境科学院 C棟 C202 Environmental Science C202

 

【担当と日程 Schedule】

三輪 京子 Kyoko MIWA 10月3(水Wed)(Orientation)、5(金Fri)、10(水Wed)、12(金Fri)

鷲尾 健司 Kenji WASHIO 10月17(水Wed)、19(金Fri)、24(水Wed)、

田中 亮一 Ryouichi TANAKA    10月26(金Fri)、31(水Wed)、11月2(金Fri)

山崎 健一 Ken-ichi YAMAZAKI    11月7(水Wed)、9(金Fri)、14(水Wed)

 

【講義内容 Contents】

植物は生産者として、地球環境およびヒトを含む消費者を支える存在である。本講義では、光合成による植物の成長、環境応答やストレス耐性の分子機構を、進化の観点や応用研究を含めて学ぶ。

To learn plant mechanisms underlying photosynthesis, growth and responses to environmental stress from the viewpoint of evolution and their application.

 

植物のホウ素輸送体の同定とホウ素欠乏・過剰耐性植物の作出(三輪)

カドミウム、ヒ素の輸送体分子の同定と汚染低減・修復技術の開発(三輪)

植物による土壌からのセシウム吸収とその分子機構(三輪)

Identification of mineral transport molecules in plants for boron, cadmium, arsenic, and cesium generation of plants tolerant to nutrient deficiency and toxicity, remediation of polluted soil by plants (Miwa)

 

地球環境の変遷に伴う植物の進化(鷲尾)

植物の成長と機能応用(鷲尾)

Evolution of plants for adaptation to environmental change on earth, application of functions in plants (Washio)

 

光合成のメカニズム、環境応答と光合成、光合成系の進化(田中)

Molecular mechanisms of photosynthesis, photosynthesis in response to environments, evolution of photosynthesis systems (Tanaka)

 

PGR植物ホルモン(アブシジン酸)の作用(山崎)

PGR植物ホルモン(エチレン)の作用(山崎)

植物と細菌の相互作用(山崎)

Physiological function of plant hormones, interaction between plants and bacteria (Yamazaki)

 

【言語 Language】

Bilingual Classes (Japanese and English)

 

【問合せ先】: 三輪 京子 (環境科学院 生物圏科学専攻 分子生物学コース)

Contact: Kyoko Miwa (Molecular biology course) E-mail: miwakyoko@ees.hokudai.ac.jp

 

10月1日(月)EESセミナー開催のお知らせ

菌類をめぐる窒素動態に関する研究で著名なNew Hampshire大のErik Hobbie博士にご講演いただきます。皆さま奮ってご参加ください。

ポリコムも使用できるようにします。ポリコムでの参加を希望される場合、事前に福澤までご連絡いただけるとありがたいです。(HD1に接続予定)

日時:10月1日(月)15:00~16:00

場所:北方生物圏フィールド科学センター(農場)1階大会議室

講演タイトル:Strategies and resource acquisition of ectomycorrhizal fungi and wood decay fungi in forest ecosystems

(In English)

We will have a seminar by Dr. Erik Hobbie. He studies fungal functioning by using nitrogen dynamics. I hope many people come and join us. Polycom from branch office is available. I am glad if you inform me befor when you want to attend via Polycom (we will connect to HD1).

Date: 1 October 15:00~16:00
Place: Large conferece room (1st floor) in Field Science Center for Northern Biosphere (Experiment Farm)

Title: Strategies and resource acquisition of ectomycorrhizal fungi and wood decay fungi in forest ecosystems

Abstract:

We present two case studies of fungal functioning in forest ecosystems. In the first, we investigated functional differences in six taxa of decay fungi during a long-term log decomposition study (Oregon, USA) by studying elemental, isotopic, and compositional patterns in wood, cellulose, and sporocarps. Partitioning between protein and non-protein pools in mycelia prior to sporocarp formation controlled sporocarp δ15N relative to N sources. Radiocarbon measurements separated fungi into heartwood colonizers (Fomitopsis and Hericium, ~60-year-old carbon) and sapwood colonizers (Mycena (7 years), Hypholoma (11 years), and Trametes (11 years). Mycena and Hypholoma appeared to assimilate some 13C-enriched sucrose in sapwood rather than just cellulose. The six taxa varied widely in their chemical composition, as assessed by pyrolysis GC-MS; these compositional differences correlated with functional growth strategies. From these measurements, we improved the quantitative and conceptual understanding of functional differences of wood decay fungi. In the second study, we assessed how nitrogen (N) availability affected ectomycorrhizal functioning in two long-term (6-40 years) N addition experiments in Pinus sylvestris stands in Sweden. Sporocarp production declined dramatically with N fertilization but recovered slowly after fertilization stopped. Both sporocarp C/N and soil C/N increased with fertilization, implying that N uptake per unit fungal growth increased and then declined after fertilization had stopped. Fungal and soil d15N patterns across treatments identified fungal N sources, with N acquisition primarily from the S horizon for Paxillus involutus and Suillus variegatus, from the F horizon for four Cortinarius taxa and Lactarius rufus, and from the H horizon for Cortinarius traganus and Russula aeruginea. Taxa with proteolytic capabilities were particularly sensitive to N fertilization. These analyses illustrated that responses of fungal taxa across these fertilization gradients depended on the horizon of N acquisition and on N acquisition strategies.

Contact: Karibu Fukuzawa

E-mail: caribu@fsc.hokudai.ac.jp

Tel: 01656-5-3216 (Nakagawa Experimental Forest)

福澤加里部

Lecture announcement: Primer of Diversity Biology

A Lecture on diversity biology  in English is scheduled in the coming term. All graduate students are welcome.

 

# Cross-Division Lecture

# Open lecture for all graduate schools

 

Primer of Diversity Biology

“Biosphere Diversity Science”

 

Room D102, Graduate School of Environmental Science

14:45 – 16:15, Wednesday and Friday

From October 3 to November 28

(Note: no class on Nov. 21, Nov. 23)

 

[Objectives]

Biosphere covers heterogeneous substrates on Earth. This lecture provides

overview of various ecosystems in land and ocean, by around a dozen lecturers in Graduate School of Environmental Science dealing with unique target ecosystem and biological communities.

Lecturers focus on (1) biodiversity, (2) ecosystem function, and (3) their response to environmental change.caused by human activities.

 

[Goals]

Through this lecture, students are expected to achieve a whole-planet scale understanding of unique Earth biota, of which heterogeneity and diversity. It thus allows to image the ongoing effect of climate change on the ecosystem functioning  and biodiversity on the Earth.

Non-bioscience students are welcomed

 

[Schedule]

Week     Wednesday         Friday

1st    Oct 3 T. Kohyama   Oct 5 T. Kohyama

2nd Oct 10 T. Takada   Oct 12 I. Koizumi

3rd Oct 17 S. Utsumi   Oct 19 S. Utsumi

4th Oct 24 T. Saitoh   Oct 26 T. Saitoh

5th Oct 31 T. Noda     Nov.2 M. Nakaoka*

6th Nov 7  T. Isada*   Nov 9 T. Hiura

7th Nov 14 G. Kudo Nov 16 M. Kobayashi*

8th Nov 28 H. Shibata

—————

* Using Polycom for connecting lecturer and class

 

Correspondence: Takashi Kohyama

kohyama@ees.hokudai.ac.jp

EESセミナー開催のお知らせ(9月14日)

日時:9月14日(金)16:00-17:30
場所:北海道大学環境科学院 D102教室
講演者:近藤倫夫(東北大学生命科学研究科)
タイトル:生物群集の構造と動態をどう理解するか

要旨:生物群集は多種間の相互作用によって駆動される複雑なシステムである。生物群集を種間相互作用ネットワークとして捉えることで、その構造と動態を理解しようとするアプローチが取られてきた。しかし、種間相互作用はスケール依存性と時空間的な変動性を合わせ持つため、その評価は容易ではないし、群集動態と結びつけることはさらに困難を極める。本講演では、個体群動態の時系列データから出発して種間相互作用や群集動態、それらの間の関係を評価するアプローチを紹介する。さらに、このアプローチがもたらす新しい応用生態学の可能性について議論したい。

講演者の近藤倫夫先生(東北大学)は理論生態学の第一人者でScience, PNASなど多数の一流誌に成果を発表しています。
https://www.lifesci.tohoku.ac.jp/research/teacher/detail.html?id=45517

最近は理論の実証にも精力的に取り組んでおり、海の魚類群集の安定性に関する研究が今年のNatureにも掲載されています。
http://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-1475.html

本講演ではこの論文の根幹となる群集動態を理解する新しいアプローチについてお話して頂けます。

今回は震災の影響が残る中、北海道までお越し頂きました。
皆さまも復旧などいろいろと大変かと思いますが、しばし震災のことを忘れてサイエンスについて熱く議論できればと思います。

なお、セミナー後には懇親会を予定しています。
お店の予約が難しい状況となっていますので、参加希望の方は【9月13日(木)夕方5時までに】小泉までご連絡下さい。
itsuro@ees.hokudai.ac.jp

皆様のご参加をお待ちしております。

小泉逸郎

EESセミナー開催について(9月12日)

環境分子生物学セミナー(第21回)/ EESセミナー

講演題目:冬眠を可能とする長期寒冷下での全身可逆的リモデリング

講演者:山口良文 教授(北海道大学 低温科学研究所 冬眠代謝生理発達)

日時:平成30年9月12日(水)15時00分〜16時00分

場所:北海道大学理学部5号館8階813号室

要旨:
冬眠は、長期にわたる寒冷・飢餓などの過酷な環境を、代謝を極限まで抑制し、蓄積した体脂肪を主な燃料としながら低体温状態で乗り切る生命現象である。 ヒトをはじめとする多くの哺乳類は冬眠できないが、クマやリス、ハムスターなどの一部の哺乳類は低体温状態で生存できる「冬眠動物」である。 しかし、冬眠制御機構は未だ殆ど不明である。その解明は、知的好奇心を満たす基礎生物学的意義を有するのみならず、生活習慣病や臓器保存への応用、人工冬眠法の開発など、医学展開も期待される、21世紀の生物学に残されたフロンティアといえる。 私たちは、冬眠する哺乳類であり実験的操作が比較的容易なシリアンハムスターを用いて研究を行なっている。本講演では、冬眠の基礎知識から、シリアンハムスターが長期寒冷刺激に反応して行う、白色脂肪と骨格筋の可逆的リモデリングについて紹介する。

主催:大学院地球環境科学研究院 環境生物科学部門 環境分子生物学分野

共催:日本生化学会・北海道支部

連絡先:大学院地球環境科学研究院 環境生物科学部門 環境分子生物学分野
森川正章(電話:011-706-2253, morikawa@ees.hokudai.ac.jp

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院

生物圏専攻メニュー