北海道大学 大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

フィールドサイエンスの拠点

専攻Web掲示板

カテゴリ

【ご案内】 10/28~31「森林圏科学特論IV」集中講義について:申込締切日9/13(金)

10/28~31集中講義:森林圏科学特論IVについてのご案内です。

受講希望者は<2019年9月13日(金)>までに下記の申し込み手続きをお願いします。

——————————–

森林圏科学特論Ⅳ(地域資源管理学)

集中講義の実施要項

【担当教員】 吉田俊也、中路達郎、小林真

【概要】

北海道の地域(幌加内・下川・旭川)を訪れ、

森林管理と木材の利活用の現状や問題点、

最前線の取り組みについて学び、持続可能な地域資源管理のあり方について

考察します。

幌加内町(雨龍研究林)では、広葉樹天然林施業の現場を見学し、

下川町では流通や加工における先端事例、

旭川市では林産研究と新しい利活用の事例について見学を通して学びます。

学生はグループ学習形式で考察を深め、最終日にその成果について

グループ発表を行います。

成績はグループワークにおける取組みとプレゼンテーションの内容で

評価します。

【実施期間】 2019年10月28日(月)~31日(木)3泊4日

【宿泊場所】 北海道大学雨龍研究林(幌加内町母子里)

【集合および解散場所】 JR旭川駅を予定※

【費用】 宿泊・食費 およそ7,000円程度

※原則、現地集合とします(交通費は自己負担)。

 集合および解散の時間と場所は確定次第、参加者に通知します。

 実習期間内の見学地間の移動は職員が運転する公用車を使用します。

【申込み】

受講を希望する方は、<2019年9月13日(金)>までに

次の4項目を明記して、中路達郎(nakaji@fsc.hokudai.ac.jp)まで

電子メールで申し込んでください(履修届は別途申請のこと)。

1)氏名

2)所属(専攻、指導教員名)

3)電子メールアドレス

4)携帯連絡先

【スケジュール※】

● 10月28日(月)

午後 旭川集合

   研究機関・家具・木工業者等の見学(旭川)

夜  ガイダンス(雨龍研究林)

● 10月29日(火)

午前 造林・育林現場の見学(雨龍研究林)

午後 木材加工業の見学(下川町)

夜  講義(雨龍研究林)

● 10月30日(水)

グループ学習(テーマに応じたフィールドワーク)

● 10月31日(木)

午前 グループ学習・成果発表(旭川)

午後 解散

※このスケジュールは天候・受講者数等に応じて変更する場合が  あります。

生物圏科学特別講義 I 開講日について(9/9~9/13)

生物圏科学特別講義 I 開講日について、お知らせいたします。

講師:早稲田大学 人間科学学術院 教授 横沢 正幸 先生

会場:環境科学院D101

9月9日(月曜日) 2講目~4講目

9月10日(火曜日) 2講目~4講目

9月11日(水曜日) 2講目~4講目

9月12日(木曜日) 2講目~4講目

9月13日(金曜日) 1講目~3講目

ポリコム 「会議室HD2」 での受講が可能です。

世話人:原 登志彦

7/25(木)ECCセミナー開催のお知らせ

Date/Time & Venue

2019年7月25日(木)地球環境科学研究院 管理棟2階会議室       25th July, 2019  Graduate School of Environmental Science, Room E206

【第一部】10:00 – 11:00 植物の形質転換に用いられるアグロバクテリウム属細菌に関する話題

【第二部】16:00 – 17:00 ニューヨークの地下鉄から土壌までの細菌叢の分布に関する話題

—————————————- —————————————— ———————-

<< Part 1 >>10:00 – 11:00  

Speaker: Dr. Theodore Muth (Brooklyn College, City University of New York)

Title: Agrobacterium tumefaciens Attachment and T-DNA Integration – understanding the “root” to infection of host plants

Summary: While several aspects of A. tumefaciens infection and transformation of plants are well understood, there are questions that remain concerning the attachment of the bacteria to host plants and the integration of T- DNA into the host cell genome. Work from our lab has focused on these questions and has applied novel approaches in an attempt to gain a more thorough understanding of these steps in the infection. 

The standard approach to genetically modify plants relies on Agrobacterium tumefaciens to transfer foreign DNA (T-DNA) into plant cells where it can become a permanent part of the plant cell’s genome and express engineered traits. While A. tumefaciens transformation of plants has been used extensively, there are aspects of the process that are incompletely understood. To study the timing and factors influencing the location of T-DNA insertions, we used a modified adapter ligation- mediated PCR strategy, coupled with next generation sequencing, to identify T-DNA integration sites into the genome of Arabidopsis.

Previous reports examining T-DNA integration have relied on selective conditions, floral dip transformation, artificial virulence induction or use of cultured suspension plant cells. Our approach attempts to closely match natural infection conditions by using cut Arabidopsis root segments infected with uninduced A. tumefaciens and no selection for T- DNA integration events. A more thorough understanding of T-DNA integration will guide future experiments to develop the techniques to engineer plants more efficiently than is currently possible.

世話人:三輪 京子

<< Part 2>> 16:00 – 17:00

Speaker: Dr. Theodore Muth (Brooklyn College, City University of New York)

Title: The Urban Microbiome ? a new census of the city

Abstract: Our recent work using culture-independent (metagenomic) based strategies to study microbial communities shows an unexpectedly high level of biodiversity in urban microbiomes in a number of sites including parks, waterways, subway systems, and green infrastructure installations. The factors underlying the establishment of these diverse communities are not well understood, but it suggests that urban microbial communities represent a significant unknown element of phylogenetic, genetic, and functional biodiversity. A better understanding of these influences on multiple aspects of biodiversity will inform the design, construction, placement, and maintenance of urban environmental elements (such as green infrastructure) to maximize their ecosystem services.  More fundamentally, our work offers a novel platform for exploration of basic science aspects of dimensions of biodiversity.

世話人:森川正章

南極学特別講義Ⅰ開講について

◇◇◇ 開 講 通 知 ◇◇◇

南極学特別講義Ⅰ Special Lecture on Antarctic Science Ⅰ

開講日 : 2019年8月7日(水),8日(木),9日(金)           Date : Wednesday, August 7th 2019   Thursday, August 8th 2019 Friday, August 9th 2019

講義場所 : 低温科学研究所 3階 講堂 Lecture Room : Institute of Low Temperature Science/3F Auditorium

8 月 7 日(水) Wednesday, August 7
○9:00-9:05 青木 茂 (低温科学研究所)
イントロダクション Introduction
○ 9:05-12:00 柴田 明穂 (神戸大学大学院)
「国際法学者、初めて南極に立つ!」The First International Lawyer in Antarctica
○13:00-16:15 佐﨑 元 (低温科学研究所)
「氷の不思議:氷結晶は生きている」Mysteries of ice: ice crystals are aliving!
       山本 正伸 (地球環境科学研究院)
「気候変動 –コアから探る古環境と現在-」 Climate change –the past and present revealed by cores-

8 月 8 日(木) Thursday, August 8
○9:00-12:00  青木 茂 (低温科学研究所)
「極域海洋と寒冷圏」 Polar oceans and cryosphere
「南極観測の今」 Antarcttic observation now
○13:00-16:15   渡辺 佑基(国立極地研究所)
「極地の生物 –極限の生命と生態系-」Polar biology –life and ecosystem in extremes-


8 月 9 日(金) Friday, August 9
○ 9:00-12:00 長谷部 文雄 (地球環境科学研院)             「極域の大気 -オゾンホールの気象学-」 Polar atmosphere -meteorology on the ozone hole-
○13:00-16:15 杉山 慎 (低温科学研究所)
「氷床・氷河 -氷床のダイナミクス-」 Ice sheet and glacier -ice sheet dynamics-

・本講義は大学院共通授業として開催します。This course will be held as “Daigakuin Kyoutsu Jyugyo”.

・今年度は、基本的に言語は主として日本語を使い、スライドは英語を使用します(一部講義を除く)。Basically, lectures will be taught (mostly) in Japanese and lecture slides will be prepared in English this year.

・日程や内容についての問いあわせも下記担当教員まで。Feel free to contact to the representative lecturer below.

【問い合わ先】

低温科学研究所 N117室 青木 茂 Shigeru Aoki (Tel: 011-706-7430, E-mail:shigeru@lowtem.hokudai.ac.jp)

低温科学研究所 事務部 総務担当(南極学カリキュラム事務)長谷川 桃子 Momoko Hasegawa  (E-mail: iai-jimu@pop.lowtem.hokudai.ac.jp)

学位論文審査会のお知らせ(9月修了)

9月修了予定者7名の学位審査会を下記のとおり行います。 ご参集のほど、よろしくお願いいたします。

【生物圏科学専攻 学位審査会】

◆7/17(水)10:00~11:30 北方生物圏フィールド科学センター106講義室

Rafael Alexandre Muchanga( ラファエル アレキサンドレ ムチャンガ )

Studies on fresh-market tomato production in a plastic high tunnel in low-input alternative systems using cover crops and livestock compost
(緑肥と家畜堆肥を活用した低投入システムによるプラスチックハウス内での生食トマト生産に関する研究)

主査:荒木 肇
副査:柴田 英昭・平田 聡之・山田 敏彦(大学院国際食資源学院)・波多野 隆介(大学院農学研究院)・内田 義崇(大学院農学研究院)

◆7/18(木)15:00~16:30 環境科学院D102

Kar Suraj(カー スラジュ)

Chilling tolerance and biomass production of Saccharum × Miscanthus intergeneric hybrids (miscanes) in cool climatic conditions of northern Japan
(北日本の冷帯気候条件でのサトウキビ属×ススキ属の属間雑種(ミスケーン)の低温耐性とバイオマス生産)

主査:荒木 肇
副査:原 登志彦・星野 洋一郎・山田 敏彦(大学院国際食資源学院)・中島 大賢(大学院農学研究院)

◆7/23(火)15:00~16:30 環境科学院D102

髙濱 雅幹

Studies on the year-round production and quality improvement of baby-leaf vegetables
(ベビーリーフの周年生産と品質改善に関する研究)

主査:荒木 肇
副査:原 登志彦・星野 洋一郎・山田 敏彦(大学院国際食資源学院)・鈴木 卓(大学院農学研究院)・Silvana Nicola(トリノ大学農林食料学部)





◆7/24(水)15:30~17:00 函館キャンパス管理研究棟6階大会議室

     (ポリコム会場:環境科学院C204-1) HD1に接続願います。

大槻 真友子

Development of non-invasive techniques to measure testosterone in the northern fur seal (Callorhinus ursinus)
(キタオットセイにおけるテストステロンの非侵襲的な測定手法の開発)

主査:三谷 曜子
副査:宮下 和士・山羽 悦郎・井尻 成保 (大学院水産科学研究院)

◆7/25(木)16:40~18:10 環境科学院D101

大久保 祐作

On the phylogenetic comparative analysis of directional evolution by Approximate Bayesian Computation
(近似ベイズ計算を用いた方向性進化の分析について)

主査:小泉 逸郎
副査:野田 隆史・鈴木 仁・森元 良太(北海道医療大学リハビリテーション科学部)

◆8/6(火)15:00~16:30 環境科学院D201

船川 寛矢

Studies on improvement of tolerance to boron deficiency and toxicity in plants
(植物におけるホウ素欠乏・過剰耐性付与の研究)

主査:三輪 京子
副査:森川 正章・山口 良文・山崎 健一・藤田 知道(大学院理学研究院)

◆8/8(木) 15:00~16:30 環境科学院D201(ポリコムHD1に接続願います)

山崎 遥

重機を用いた天然更新補助作業における表層土壌残存が実生の初期定着に及ぼす影響
(Influences of leaving surface soil in assisted natural regeneration using heavy machinery on early seedling establishment)

主査:吉田 俊也
副査:佐藤 冬樹・柴田 英昭・澁谷 正人(大学院農学研究院)

以上

修士論文発表会開催について

9月修了予定者の修士論文発表会を下記のとおり行います。

ご参集のほど、よろしくお願いいたします。 なお、ポリコムを使用しますので、遠方の方は会議室HD1に接続願います。

【生物圏科学専攻・修士論文発表会】
日時:7月26日(金)13:00~15:00
場所:環境科学院 D101

<分子生物学コース>

◆13:00~13:20 Kamal Shuvro, Sajjad

Growth promotion of a duckweed, Lemna minor, by Azotobacter vinelandii A81
(アゾトバクター属細菌 A81のウキクサ成長促進効果)

◆13:20~13:40 村松道敬

便器表面由来微生物を用いた黒ずみ形成モデルの構築

<動物生態学コース>

◆13:45~14:05 石田 拳

Quantifying rocky intertidal sessile community dynamics along the Pacific coast of Japan: implications for ecological resilience                               (日本列島太平洋沿岸における岩礁潮間帯固着生物群集の動態の定量:生態学的弾性との関連性)

<森林圏フィールド科学コース>

◆14:10~14:30 王 婧雯

Nitrous oxide dynamics in stream water during the dormant season in a forested headwater catchment
(森林源流域における休眠期間における河川水の亜酸化窒素動態)

<植物生態学コース>

◆14:35~14:55 Li, Zhou (李 舟)

The accuracy of remotely measured tree-stem diameters using a laser-equipped caliper, the Gator Eyes
(レーザー付き輪尺ゲーターアイズを用いて遠隔測定した樹木の幹直径の測定精度)

前期(後半)開講日について

・水圏科学特論Ⅰ(担当教員:山羽)火.木4講目  集中講義へ変更

           (6/11.13開講しません。後日詳細掲載予定)

・環境分子生物学特論I(担当教員:森川他)木3講目 D102    6/13(木)

・耕地圏科学特論Ⅰ(担当教員:荒木他) 金1講目 FSC庁舎106   6/14(金)

・分子生物学基礎論(担当教員:森川他)月1講目 D101(日本語)D102(英語)  6/17(月)

・多様性生物学特論Ⅰ(担当教員:日浦他)月3・4講目

 A809→C202に変更  6/17(月) ポリコム使用有(HD1)

Call for international joint seminar for environment and ecosystem research | 環境科学・生態系に関する国際合同実習(英語)|2019年7月3~11日|札幌・雨龍研究林

北方生物圏フィールド科学センターの柴田英昭先生より、国際合同実習のお知らせです。

環境科学、生態学、生物多様性、生態系科学に関する修士院生を対象とした英語で行うトレーニングコースです。関心を持つ博士院生の参加も歓迎いたします。なお、本実習は環境科学院のフィールド科学特別実習Ⅰとして実施しますので、1単位を取得することができます。

2019年7月3日~11日の期間に行い、前半は札幌キャンパスでの室内講義や技術講習、8~11日は雨龍研究林(幌加内町)での合宿形式での野外実習を行います。なお、6日(土)午前は植物園の見学がありますが、7日(日)はプログラムがありません。

20名程度の少人数でグループワークを中心としたもので、さまざまな分野の研究手法、研究背景や理論、現在の研究の到達点などを学ぶことができます。台湾の国立東華大学との合同実習、北海道大学Summer Instituteとして実施しますので、海外の院生と交流できる良い機会となります。受講料はかかりません。雨龍研究林への移動は大型バスで移動しますので交通費は不要です。ただし、研究林での食費・宿泊に関する実費をお支払い頂きます。

学内からは10名の定員を予定しており、すでに数名のエントリーがあります。ご関心のある方は柴田英昭(shiba@fsc.hokudai.ac.jp)まで、5月20日(月)までにお申し込みください(氏名、所属・学年、Email)。

本学教員から柴田英昭、内海俊介、福澤加里部、中村誠宏、中路達郎、中村剛、Ram Avtarに加えて、台湾の国立東華大学から、Ming-Chien Su, Shih-Chieh Chang, You-Cheng Hsuの3名が担当します。

メールの末尾に講義アウトライン、講義・実習テーマのリストを添えていますので、ご参照ください。

ご不明な点があれば遠慮なくお知らせください。

柴田英昭

————-

Dear Graduate students,

This is a call for participant of International Training Course on Environment Science and Ecology which will be held during July 3rd – 11th, 2019. This course will be conducted in English for master course, but PhD students who has interest is also welcomed.  

The early part of the course consists of various indoor lecture and technical guidance in Sapporo campus.  Then, intensive field course will be conducted from July 8th until 11th in Uryu Experimental Forest (Horokanai town) of Hokkaido University. Besides, there will be a short guidance tour to Botanical garden in the Saturday morning, while no program on Sunday. 

The participant can get 1 credit of “Special Course for Field Science I” of Graduate School of Environment Science. 

Participant will learn various research backgrounds, basic theory, current understandings and research approach for environment science, ecology, biodiversity and ecosystem science through various group works throughout the course. This program is conducted as a joint course with National Dong-Hwa University (Taiwan) and a Summer Institute of Hokkaido University, which bring a great opportunity to interact with international students. 

There is no course fee. We will use the shared large bus (with free of charge for participants) to transport between Sapporo campus and Uryu experimental Forest.  Participant has to pay for the accommodation fee of experimental forest and foods which is a quite reasonable price. 

The capacity of participant from Hokkaido University is about ten students. Please let me know if you are willing to join this course (Hideaki Shibata, shiba@fsc.hokudai.ac.jp) (with your name, affiliation, year (i.e. M1 or M2) and the email address).  

The lecturers from Hokkaido University include Hideaki Shibata, Shunsuke Utsumi, Masahiro Nakamura, Karibu Fukuzawa, Tatsuro Nakaji, Koh Nakamura and Ram Avtar. The lecturers from National Dong-Hwa University (Taiwan) consist of Ming-Chien Su, Shih-Chieh Chang and You-Cheng Hsu. 

Please refer the following titles for lectures and field courses. 

Please feel free to ask me if you have any questions.

Best regards,

Hideaki Shibata 

<Outline of the course>

This is the joint international training course on ecosystem and environment research. The 10-days course include several indoor lectures, field course and group work (i.e. discussion and presentation) in Sapporo campus and Uryu Experimental Forest. Participants will learn basic theory, recent findings and research methods in field on various topics in ecology, ecosystem and environmental science. The lecture will be given by several professors of Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University and Department of Natural Resources and Environmental Studies, National Dong Hwa University (Taiwan). This course is conducted based on the MOU between Hokkaido University and National Dong Hwa University.

<Lecture / Field course (tentative)> 

– Ecosystem carbon fluxes

– Environmental Fate & Transportation: Monitoring and assessment

– Bird Banding in Taroko National Park, Taiwan

– Remote sensing techniques for tree phenology monitoring

– Species-differences of leaf phenology and physiological function                       

– Watershed scale nitrogen dynamics in forests

– Soil nitrogen availability and plant belowground biomass along the hillslope of the forest

– Insect and plant interactions in forests

– Introduction to Evolutionary Community Ecology

– Analysis of ecological communities: Insects on riparian trees

– Application of UAV and GIS for environment change studies

                         

EESセミナー

今回のEESセミナーでは、新任の先生お二人にご講演いただきます。どなたでもご参加いただけます。様々な見地から幅広い議論をいただけましたらありがたく思います。

  • 日時:2019年5月9日(木)18:15-19:45
  • 場所:北海道大学大学院地球環境科学研究院D棟D201

講演題目1:哺乳類の味覚と腸内細菌の進化 〜チンパンジーとコアラを追いかけて〜
講演者:早川卓志(環境生物科学部門 生態遺伝学分野 助教)

要旨:
動物は種それぞれに固有の食物に適応している。それは環境から適切な食物を選び出す感覚能力と、それを消化して栄養にする生理機構を持ってるからだ。ゲノム・メタゲノム解析の手法によって、それぞれの動物は種固有の採食様式に最適化された味覚や腸内細菌を持つことが近年わかってきた。演者は、ヒトやチンパンジーを含む植物食に依存した霊長類の祖先で、苦味受容体遺伝子の個数がゲノム中で増加し、植物に含まれている毒の認識に寄与しているようだというということを発見した。苦味感覚適応が野生集団でどのような行動として発現しているかを知るために、野生チンパンジーを対象とした調査もおこなっている。味覚によって適切な食物を選択したあとは、適切に消化して栄養を吸収し、排泄しなくてはいけない。霊長類の糞便に含まれている細菌を次世代シークエンサーによって網羅的に調べるメタゲノム解析によって、採食品目の違いによる適応が生じていることが明らかになった。霊長類から外に目を向けたところ、樹上のユーカリの葉に強く依存しているコアラも、植物食霊長類と同様に苦味受容体遺伝子数が増加しており、適切なユーカリの葉を選択するように進化していることが示唆された。樹上性哺乳類が暮らす森で動物を追いかけて、採食生態に注目してゲノム・メタゲノムを解析する研究を確立していきたい。

講演題目2:生物多様性の見えざる脅威:騒音に対する生き物の応答とその帰結
講演者:先崎理之(環境生物科学部門 生態保全学分野 助教)

要旨:
全球レベルで進行する生物多様性の喪失の抑制は、人類共通の喫緊の課題である。従来、生物多様性喪失の主要因として、気候変動や生息地の分断化等の土地利用変化が注目されてきた。しかし近年、陸海双方に蔓延する騒音汚染の深刻な現状が明らかになり、生物多様性への騒音の影響が懸念され始めてきた。本講演では、騒音に対する動物の応答を、行動から群集レベルに至るまで調べてきた演者の研究を紹介し、生物多様性への騒音の影響の帰結を考える。なお、本講演では、カエルや鳥といった脊椎動物のみならずバッタやトンボといった無脊椎動物に関する話題も扱う。学生を含む様々な生物に興味を持つ方々の聴講を歓迎したい。

連絡先:北海道大学大学院地球環境科学研究院 生態遺伝学分野 越川滋行
koshi*ees.hokudai.ac.jp(*を半角@に変えてご入力ください)

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院

生物圏専攻メニュー