北海道大学 大学院 環境科学院 生物圏科学専攻

フィールドサイエンスの拠点

南極学特別講義Ⅰ開講について

2019-07-11

◇◇◇ 開 講 通 知 ◇◇◇

南極学特別講義Ⅰ Special Lecture on Antarctic Science Ⅰ

開講日 : 2019年8月7日(水),8日(木),9日(金)           Date : Wednesday, August 7th 2019   Thursday, August 8th 2019 Friday, August 9th 2019

講義場所 : 低温科学研究所 3階 講堂 Lecture Room : Institute of Low Temperature Science/3F Auditorium

8 月 7 日(水) Wednesday, August 7
○9:00-9:05 青木 茂 (低温科学研究所)
イントロダクション Introduction
○ 9:05-12:00 柴田 明穂 (神戸大学大学院)
「国際法学者、初めて南極に立つ!」The First International Lawyer in Antarctica
○13:00-16:15 佐﨑 元 (低温科学研究所)
「氷の不思議:氷結晶は生きている」Mysteries of ice: ice crystals are aliving!
       山本 正伸 (地球環境科学研究院)
「気候変動 –コアから探る古環境と現在-」 Climate change –the past and present revealed by cores-

8 月 8 日(木) Thursday, August 8
○9:00-12:00  青木 茂 (低温科学研究所)
「極域海洋と寒冷圏」 Polar oceans and cryosphere
「南極観測の今」 Antarcttic observation now
○13:00-16:15   渡辺 佑基(国立極地研究所)
「極地の生物 –極限の生命と生態系-」Polar biology –life and ecosystem in extremes-


8 月 9 日(金) Friday, August 9
○ 9:00-12:00 長谷部 文雄 (地球環境科学研院)             「極域の大気 -オゾンホールの気象学-」 Polar atmosphere -meteorology on the ozone hole-
○13:00-16:15 杉山 慎 (低温科学研究所)
「氷床・氷河 -氷床のダイナミクス-」 Ice sheet and glacier -ice sheet dynamics-

・本講義は大学院共通授業として開催します。This course will be held as “Daigakuin Kyoutsu Jyugyo”.

・今年度は、基本的に言語は主として日本語を使い、スライドは英語を使用します(一部講義を除く)。Basically, lectures will be taught (mostly) in Japanese and lecture slides will be prepared in English this year.

・日程や内容についての問いあわせも下記担当教員まで。Feel free to contact to the representative lecturer below.

【問い合わ先】

低温科学研究所 N117室 青木 茂 Shigeru Aoki (Tel: 011-706-7430, E-mail:shigeru@lowtem.hokudai.ac.jp)

低温科学研究所 事務部 総務担当(南極学カリキュラム事務)長谷川 桃子 Momoko Hasegawa  (E-mail: iai-jimu@pop.lowtem.hokudai.ac.jp)

北海道大学 大学院 環境科学院 / 地球環境科学研究院

生物圏専攻メニュー