メインメニュー
研究グループ
カレンダー
掲示板最新記事
メンバー向けメニュー
Journal of EG 新着記事
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
生態遺伝学コース
地球上の環境は地球誕生以来変化を続け今日に至っているが、近年の人間活動による変化は特に激しいとされている。こうした変化の下でいかに生物種の多様性を維持するかは、人類にとって重要な課題であり、さまざまな側面からの取り組みが始まっている。当コースの目的一つは、多様性維持について遺伝学的側面から研究することにある。個体群の遺伝的多様性はその個体群の変動、さらには群集の安定性にも影響を及ぼし、生物種の多様性維持に大きな役割を 果たしていると考えられる。しかしながら、現在、自然個体群の遺伝的多様性、そしてその役割についての情報はまだまだ不足している。当コースでは、以下の5つの研究を主題にさまざまな分野の教育・研究を展開している。
Trillium

大原グループ:野生植物を対象として生活史の適応・進化(受粉・交配様式の分化、個体群の時間的・空間的動態、個体群の遺伝的分化など)を明らかにし、保全生態学研究に寄与する。

Wild Mouse

鈴木グループ:日本列島は多くの野生哺乳類種を有するが、その起源は依然謎のままである。遺伝子変異の解析を通して、第四紀の地球環境の変動に伴い再編成を繰り返した日本産哺乳類相の歴史に迫る。

Termite Caste

三浦グループ:生物は環境に応答して生理条件を変化させ、発生プロセスを改変することにより表現型を可塑的に変化させることができる。社会性昆虫など表現型がダイナミックに変化する昆虫を材料に、環境による表現型発現の分子機構とその 進化プロセスを解明することを目的として、分子発生学的・進化生態学的研究 を行う。

Compaund Eye Mutants

吉田グループ:長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFA)の、より普遍的で新しい生理機能を見出し、その分子機構の解明を目指しています。さらに、LC-PUFAは人や動物の栄養素として重要な働きをもつ物質であり、その生産の効率化を図るための実用的な研究も行っています。

以上のように、当コースでは野外生態調査(フィールドワーク)ならびに室内における生物飼育・操作実験などと遺伝的解析実験を相互にフィードバックさせることにより、地球環境科学教育の基礎となる生物の進化、種の多様性維持機構、個体群変動の機構、絶滅危惧生物の保全、環境変動に対する生物の対応など幅広い教育を行っている。

Copyright© 2016 Course in Ecological Genetics. All Rights Reserved.